スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

原住民舞踊ショー

台北市の近くに桃園という市があるのですが、そこには、原住民舞踊ショーというのを週に2日やっている店があります。
原住民舞踊ショーって、民族衣装を着て踊るんでしょうが、

うーん

それってほんと楽しいのかな?
(踊ってるほうは楽しいでろうけど、見てるほうはね?)

別にセクシー衣装や、すごくかわいい娘でもないと、タウン誌を見る限りはそう思うのですが

原住民なんで、独特な南方系の顔をしてるんですよね。

董事長(会長)や総経理(社長)、それに日本から出張で来る人には、たまには違った雰囲気のもいいんだろうかね。わからん。

PS.
最近、林森北路にも1軒原住民舞踊ショーをやる店ができたそうです。台南の支店だそうです。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

花蓮で原住民舞踊ショー(阿美族)を見たとき、踊っている人だけは楽しそうだなと
私も思いました。ただ、韓国語で「釜山港に帰れ」を歌っていたときはかなり盛り上がってましたよ。(観客の半分は韓国からの観光客でした)。そのあと、歌の後半を日本語で歌い始めたので、負けずに盛り上がってきました。
ところで、林森北路の原住民舞踊ショーをやる店はなんという店ですか?
どの辺かヒントもらえれば、試しに言ってみたいと思います。
では!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうですね。

はじめまして!
これから宜しくお願い申し上げます。

台北にもともとあったのですが、丁度、2000年に台北は調整したのです。
ママさんの長女の sunny さんが、 台南に出店の担当となりまして、
新竹が順調でしたので・・・

そして、台北も復活させたんですね。


たまたま、クリスマス・カードが来てまして、
懐かしく、読ませていただきました。

ナルワン!!

謝謝!

私も、台湾へ戻りますので、BLOGも 「秋さんの台湾日記」に変更しました。

今後とも、貴重な情報の公開、交換を宜しくお願い申し上げます。


line
line

line
月別アーカイブ
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。